NCP120 ラクティスG

2024年の皮切りといえば、NCP120のラクティスGにNCP91ヴィッツXから乗り換え。

1500ccで1NZ-FE、90ヴィッツと全く一緒やないかい。

でも味付けが全然違うな。トルクが低い回転数に振られてるような気がする。

調べたところによるとNSPが1300cc、NCPが1500ccらしい。

ま、年始に伊勢神宮の帰りに90ヴィッツがオカマほられて修理の流れからの必殺カーライフサンコーさんにあったのを確保。実車を見てそればっかり考えてその夜に発注。笑

3万キロ走ってないのと求めてる装備が全てあったので。

・スマートエントリー
・SD純正ナビ
・バックカメラ
・クルーズコントロール
・フルオートエアコン
・ドアノブの触る方式のドアロック
・リアハッチ、トノカバー
かな。

ワンオーナーディーラー整備車。整備経緯を拝見してみるとATFまで変えてる。
色はあるものしかないし嫌いな色ではない。
やんちゃ感がないのでジジ臭いって言われるかもやけど。

てか、90ヴィッツで東北に行ってDIが故障し駆け込んだお店でラクティスのをもらった。
そもそもラクティスってどんな車?って感じでしたよ。
シエンタみたいな車なイメージを持ってるだけでどんな車か興味も無く、ほぼ知らん車でした。まさかあの時からの、、マイカーとなるとは。





リアビューは今のところ好みでない。

90ヴィッツと2台並ぶラストシーン



乗りだしは29621km

これからはアシ車がコイツになります。
スカイラインは全然乗ってないので事実上メインかも。

90ヴィッツより実用的。というか快適。燃費もよろしげ。概ねL/10km以上。
運転はこちらの方が楽。運転しやすさはヴィッツ。
視界はヴィッツの圧勝やね。

エンジン特性なのかCVTの制御なのか。
アクセル操作の挙動は街中、山道ともに走りやすい。
ワインディングとかで飛ばす気になれないのがこの車。VWビートルと同じ感じ。
CVTマニュアルモードの意味は全く理解できない。
ブレーキのバランスが良い。さすが純正。
キック式のサイドブレーキって所有した車では初。
肘置きがついてるのがとても大きい。

なお、この車はヴィッツより煽られません。
ヘタレが多い日本の車社会、イカツい車に乗ってるヤツが威張ってるので、オレはヘタ運転の黒系アルベルBMベンツクラウンをこの車で積極的に煽ります。あと軽でイチビってるヤツ。逆にいじめられそうな車には優しく。<これが遠慮されまくりでかえってイラついたり。笑

てか、この車、ハンドルの戻りが悪くないかい?

■乗り換え

■LED車内灯

■フロントスピーカー・シフトノブ交換

■カーオーディオ DEH-970 + 純正ナビ 

■リアバックランプ・ラゲッジランプ

■ナンバー灯・ラゲッジランプ

■カーオーディオ DEH-970 ネットワーク化・リアドアウーファースピーカー

■カーオーディオ DEH-970 トゥイーター

■フォグランプ

■ホーン

■カーオーディオ DEH-970 リアラゲッジにウーファー

◆どんなけ金かかってるか。(だいたいね)

・車両本体+諸費用
ここでは非公開万円

・LEDヘッドライト
15,000円

・純正フォグカバー
6,000円
81481-52340
81482-52280

・LEDバックランプ
1,200円

・スピーカー TS-F1740SⅡ
13,600円

・助手席取っ手 フロントアームレストパネル
3,300円

・LEDフォグ
10,000円

・リアウーファーグリル
2,000円


■陸路のみのロングドライブ系(ラクティスに乗る前、ヴィッツや軽自動車セルボも含みます)
・青森 酸ヶ湯温泉 2,255km

・広島 軽自動車終了 707km
 
・九州 2,090km

下北半島・大間町 2,720km

・秋田 1,884km

・茨城、山形 1,788km

・鹿児島 2,087km

・青森2,394km


・鹿児島  2,069km

・鹿児島、室戸岬 2,263km

・青森 酸ヶ湯・竜飛岬 2,812km 距離No.1!



0 件のコメント:

コメントを投稿