ラベル オーディオ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オーディオ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年9月12日土曜日

Kinter MA-150 って安価な中華アンプ

安い中華製アンプが面白そうなのでポチってみた。

ヤフオクで2500円、amazonで送料込み1500円くらい。笑


まぁ、車で使えるかもしれない。おそらくD級。


着弾!




見た目は悪くない。






ちょっとバラそうとしたけど、黒いかすが出てきたので嫌になって中止。






コネクターを繋いでみるけど、ものすごくガタガタ。
大丈夫??

とりあえずスピーカーを繋いで動作チェック。




いけるかな?










手持ちで電源に接続してるので、長時間は無理。笑




さて、コイツをどう使おうかな。

2020年9月10日木曜日

UR12購入

UR22mk2を持ってることを当ブログで公表していたかな。

初めは高音質で聞く為にオーディオインターフェイスを買ったけど、テレワークでマイク録音に目覚め、音楽製作方面の知識をほんのちょっと得はじめている。

で、コンデンサマイクを接続するためにBEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2 USBオーディオインターフェイスなんてのを買ってたりしますが、どうもASIOがフリーのツールであったりと、それなりな気がしていて。

RCAコードで出力できる安価なオーディオインターフェイス。
・・・あった。UR12。

てことで、ポチリ。

納期は驚愕の3ヶ月。
#別途ノートPCをその頃にオーダーしたけど、こっちの方が早かった。

で、届いた。

いうても、steinberg。しっかりしてる感がありますね。



CDつき。笑



USBケーブル付。



UR22mk2に比べて小さめ?



強そう。



最小限のインターフェイス。



ピンコードで出力できるから買ったようなもの。



早速設置。



安物マイクと接続して動作確認OK。



まぁ、アプリが添付しているのがとても大きいんですけどね。

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2はヤフオク行きかな。
音楽リスニング用でもあるので、こちらでいきます。


2020年8月2日日曜日

behringer U-PHORIA UM2とNEEWER NW-800 #2

はい、オーディオインターフェイスは設置したので続いてマイクでございます。

amazonの置き配、デフォはホンマやめてくれ。



3000円やったっけか。



ポップフィルター同梱。



原価がいくらか知りたいマイク。笑



ついでにサウンドハウスでスタンドやら購入。



接続、、、口径が合わない。。

マイクについてたセットの中に変換できるものがついてたのでそれを利用。



なんとかいけた。



設置の仕方やら適当にして、とりあえず録音できるか試してみる。



ん~、behringerのオーディオインターフェイス UM2。
これはさすが廉価版を否めないな。

とりあえずコンデンサマイクを使えると言った感じ。
ASIOドライバがなく、ASIO4ALLというフリーのドライバを利用する。

ダイレクトモニタができるけど、使わなければ遅延が発生する。

ちなみに、PC版LINEでの通話は普通にできた、てか、相手先にキレイに聞こえる?って効いてみたら、「普通」って言われました。笑

欲が出てきて、DSPがついてるUR22Cが欲しくなってしまいました。

てか、今はPCIスロットがないので使えないけど、E-MU0404のすごさを感じる。
アレは本当にスゴイ商品だった。
DSPやらフルセットついて、13000円くらいだったし。
まぁ、あんなもの使いこなせるヤツはそうそういなかっただろうけど。

2020年8月1日土曜日

behringer U-PHORIA UM2とNEEWER NW-800 #1

酔ってPC触ってて、ポチリ。。

高くはないけど、それなりの値段。




宅録するの?
いえ、しません。

なんか、聞く側の人なんですが、録音とかこういった系に興味を抱き、安物セットを買ってしまったわけで。

では、いわゆる開封撮影。





開けて



中身を




取り出す。



前面はこんな感じ。



背面はこんな感じ。RCAか。まあ好都合。




あとはUSBケーブル同梱。



サクッと設置。



PINコードの接続に難儀(アンプにね)



スタンバイOK!



まずは音楽鳴らしてみる。



特別に良いとは感じず。。

次はマイクね。

2020年5月10日日曜日

クロスオーバーネットワークもどきでウーファーの中音域以上のカットをしてみる。

以前にやってみたけど、イマイチなので。
なんだか低音がボワンボワンするときがある。
曲によって気になったり気にならなかったり。
不思議。。

どっかのサイトで切りたい周波数を入力するとコイルとコンデンサー値が出てくる。
ほんま、便利な世の中。。

必殺デジットでパーツを揃えてみた。
しかし、デジットってスゴイね。このご時世に店開いてるし。



1000円ちょっと。
後悔するのが嫌だったので、同じようなのを色々と。



こたつテーブルの下に設置しているウーファーボックス。



これにコイルを入れてみる。



買ってきたヤツを色々変えながら・・。

キターっ!コレコレ!



伝えられませんが、不要な中音部分が完全にカットできた感じがする。

正味の話、この音聞いて欲しいくらい。
かなり良い感じ!

オレの持っているセットの中では一番細かい音まで聞こえるのではないかな、と思えるほどでございます。

2020年5月8日金曜日

JBLの4300シリーズが3発!!

先日に社長とやりとりをしていて、30cmスピーカーが入ったので、また聞きにおいで。と。

で、ちょうど4312Aを入手されたばかり。
まさに開梱から見ることができました。



あ~バブルの頃、オレがほしかったやつだー。

ただし、エッジがそこそこ硬化している。

オーディオルームに入らせて頂くと。



4310。。4311。。。

アルニコですわ。

もうね、どんなけJBL。
そして、歴代の4300。ほんまスゴイ。



タンノイのオートグラフまで。

このスピーカー群。どれほどスゴいことか。

また聴かせて頂く。

4311はウーファー変更品。
どちらかというと、マイルド。
でも、シンバルのシャーン的なのは、やはりJBL。

そして、4312A。
かつてオレの知ったるJBL。
まさにドンシャリ系のサウンド。
フェライトはフェライトで。
これでもウーファーのエッジが硬化していて、本来の性能は出ていないはず。

死ぬまでには4312最終形でも手に入れるべきだな。

なんて感じでした。

JBL。
やはりJBL。

スバラシイ。

2020年5月6日水曜日

RCAケーブル買うならサウンドハウスか!?

サウンドハウスって安いのね。

XLRバランスケーブル買うついでに。



RCAも買ってみた。



前のスピーカーのためのXLR・TRSバランスも。



んで、高価ではないRCAコードと今回買った安価だがゴッツいRCAに入れ替え。



音楽聴いてみたけど、違いはわからず。



でも、満足度は上がりました。笑

2020年5月5日火曜日

JBL / 305P MK2

DAWするわけでもないのに、面白半分でマイク買ってみたりと外出自粛。
https://go-kun.blogspot.com/2020/04/nw-800.html

で、サブPCに接続しているDIATONEのDS-500。
導入時にエッジがカチンコチンでパワステフルード改めブレーキフルードで軟化させたり。

ダイアトーンの音質ってこんなんやねんな。
って思い知ったスピーカー、DS-500。
シャリッとしていてJAZZとか良さそう。
でも、DIATONEサウンドってこんなんか、、モニター的音質を好むオレは違う感じ。

UR22mk2からTRSをラインに変えてNFJのFX-252AからDS-500で鳴らしてました。
https://go-kun.blogspot.com/2017/02/diatone-ds-500.html

せっかくアンプがあるのでパッシブのモニター系スピーカーがほしいな。
ってことで、物色していたんですが。

必殺!!サウンドハウス。
JBLのモニターが2万円程度で。
でも、アクティブ。JBLの305Pmk2。
https://jblpro.com/en-asia/products/305p-mkii
ラウドスピーカーとか書いてあるし。

いや、アクティブがええやん。
そう、UR22mk2はTRSバランスで出力されているわけで。

てことで、あっさり購入。



1個売りなので、2個。別品も買っていたので2個口。
で、ステイタス見ると佐川さんの営業所発となっているが、翌日になっても全然届かないので、問い合わせたら別便で受け渡しを受けて配達するとか。
意味不明やけど、とりあえず届いたので、OK。



2個口。DS-500に比べると小型かな。



箱の中から箱が出てきます。



はよ出てこい。



マニュアルはええか。笑



ついでに。



キレイに貼っといてくれよん。。破れてるし。



どーん!!思ったより小型で小さいし、そこまで重くない。



よく考えてみると、初JBL。



XLRバランスでつなぎますよ。



TRSバランスからXLRバランスで接続。



音響機器ってなんだか少し理解することができた気がする。



うにゃうにゃ。



こいつでスピーカーとつなぐ。



想定どーり!
てか、プラスとマイナス、なんならバイアンプ接続とか考えてた感覚が。。



さて、鳴らしてみましょう

そんなに高いセットではないので、音に期待はしていませんでしたが。

というか~~~

このスピーカーいいね。。。

まぁ、モニタースピーカーなので。本来の使い方とは違うのでしょうが。
この値段でなんちゅう低音。。さすが、JBL。ハーマン!!素敵。
SC-E727超えてるんちゃうか。。

モニタースピーカーなのでJBLらしさとか無いんだろうな、なんて思ってたのに低音の迫力はJBLの力を感じます。

あ、スピーカーは1m以上離れて聴きましょうね。全然低音の聞こえ方が違うので。

あと、モニタースピーカーらしく、音が埋もれず細かい音までキッチリ耳まで届く。

リスニング用としては、聴き疲れるだろうな。

でも、この傾向な音が好きなので、これは買って正解!