ラベル BNR32 スカイライン GT-R の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル BNR32 スカイライン GT-R の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年7月18日木曜日

車検に出した。

あれ?
時期がずれているような気がする。(^^;)

で、代車は・・・。

OTTI!




三菱ちゃうで~日産やでーー。

で、ターボです。

バタバタしている今月。
来月もバタバタするだろうなぁ。

2019年6月4日火曜日

Z390 Extreme4+960EVO+他多数のデバイスで電源ONから起動時間

てことで、我がメインPCの稼働が落ち着いた。

と思うので、電源ONから起動時間を見てみましょう。




USBデバイス多数、HDD多数接続。
メモリ32GB、COREi5 9400F。

UltraFastBootをON。
15秒かからないくらいか。

Z77Extreme4の時はクルクルが出なかったので、こちらの負け。

Asrockのマザーボードは起動が速い!と期待して購入。
まぁ、他のを知らないので、遅く感じないのでOK。


2019年6月2日日曜日

XZ2 Compact カメラ性能を自宅にある機器で比べてみた。

今時のスマホ。やはり進化している!!

夜間撮影




スバラシイ!かなりキレイに撮れる!
#現場はこれよりももっと暗い。

このまま車に乗り込んでエンジンかけてみた。




無駄に4K。笑
暗いところだからか。ピントがあわせきれてない感じ。
そもそも光に向かってピント合わせるのは困難なのかも。

全て解像度最高にてスマホとタブレットで。
#イチイチ取り込むのが面倒くさいのでGooglePhotoに自動で上がったのをDLして利用しています。

・ファーウェイのMediaPadM5

パット見は普通。

・富士通 F-04G

冷たい色。

・SONY XZ2 Comapct

暖かい色。

F-04Gが自然に見えますね。
#個人的見解ですよ。

切り出ししてみると、解像度がモロ分かり。
各々、明瞭化するために画像加工されているっぽい。

・MediaPadM5

800万画素。どうでも良い。

・XZ2 Compact

1800万画素、文字部が強調されてるようにしか見えない。

・F-04G

2000万画素、これも強調されてるけどXZ Compactより好みな感じ。


あ、、F-05J入れてなかった(^^;)
元箱に入れて保管してしまってるので出すのが面倒だったんです。

とりあえず、まあ。こんな感じ。

2019年5月13日月曜日

阪神高速環状線で一気に4車線変更

って、みんなしてない??

こう通る場合。




阪神高速環状線を守口線から入ってきて、土佐堀で降りる。

守口線から8の字の真ん中である東大阪線で環状を横切って環状に戻ってから土佐堀出口までの400m区間・・であり、
池田線が渋滞して環状まで影響出て左から2車線が渋滞しているのが見えたらゲンナリとしてしまう400m。

ということで、勝手にGoogleストリートビューを引用。
環状に入ってから東大阪線(大阪港線?)に入って、#ここを右ね。



そのまま環状に戻り、#この先を右ね。


合流後、一番右車線から一番左車線へ。



400mくらいしかないところを4車線変更して土佐堀出口へ。



守口線から来て土佐堀で降りることが多いので、当たり前のようにやっていたのですが。

会社の同僚に聞いてみると、ぐるっとなんばまで遠回りしている人が多い。
たしかに同じように走ってるヤツと遭遇することは、ほとんどない。

・・・オレが異常に思えてきた。。

皆さん、この区間で4車線変更、、しないもんですか??
普通やりますよねぇ??

そうだな、、環状から阪神高速守口線への車線変更とか、初心者マーク時代はビビりまくってましたが、当時、今は亡き親父から教わった「遅いヤツの前に入る」ことを学んで、運転技術を学びスキルアップしていったもんです。

最近、事故の話が多いけど、たいがいが技能不足なのではないかと思います。
MTの免許とるのを挫折する人がいてるようだが、オレの時代ではそんなことでは馬鹿にされ周囲にいじめられるくらいの話。
みんな運転技能を磨くために根性つけた方が良いんじゃないか。

安全装置がついていないクルマは不安だとか言う人がいたら、そんなやつに車の運転なんて任せられるか!というのがオレの本音。

てか、、怖いとか言わずに運転を楽しみましょう~。
そんなこと言ってるオレが事故起こさないように。。(^^;)

2019年5月6日月曜日

パワステフルードのキャップ交換

エンジンハーネスを交換したときに、ぷっつりと切断されたパワステキャップ。

BCNR33のにしようかと思いつつ、ネット情報でオイルが漏れるとか出てきたので、ココは無難にBNR32用を手配。



サクッと交換しますよ。



あ、、タワーバーにかんでる。
そういえば、外して上げ下げした。。



とりあえず、交換。タワーバーにかんでる配線は無視。



あ、HICAS警告灯が消えた。
HICASレスにしてて何かの拍子に点灯したんだと思ってたけど、ちゃんと動作してたんだな。
BNR32用を手配して正解。

同時にブースト計を再設置。


が、アース線が切断されていて、これまたギボシで作成したりと、まぁまぁ大変。



はい、復活。

この車、ほんま疲れます。。

2019/5/3 東日本ぐるっと。新潟・富山・石川・福井・滋賀・京都・大阪 #4 (完結!)

あとはひたすら、帰るだけ。

新潟を朝に出発したら大阪に何時に到着できるか。みたいな感じ。

海ーー!


新潟から海沿いを走ってきましたが、夜だと全く見えない。
海の横を走っているってことに全く実感がわかないので、これは気分的にリフレッシュ。

新潟の上越で給油。



もう、何も思わない。笑。

夜は風景が楽しめず、昼間は距離が稼げない。


糸魚川の道の駅で昼食休憩。


といっても、盛岡で買った仙台の牛タン弁当。


道の駅、利用台数が多くて、甘く考えてたらアカンね。
高速道路のPA、道の駅。渋滞ありきでスッと入れるもんじゃありません。

んで、また出発。
クルマが多くて信号待ちも多くて、ワクワク感が皆無。

温泉に入ろうと立ち寄ってみた場所も駐車場が満車。
萎えて入らず。また帰路へ。

ダラダラ走って石川の手前で地元が北陸の方と連絡をとり、食っとけ系のものを聞いてみた。

で、夕食には早い時間だけど入ったのが、アルバというカレー屋さん。


ゴーゴーカレー以外の石川ソウルフードにありついた。


とりあえず、撮影もしておいた。笑

ま、メシも食ったところで、ここまで来れば当日中に自宅に戻れるという認識でまたまったり走ります。

福井~滋賀(湖西)~京都~大阪

てことで、そこから自宅までの写真は無し。笑

自宅近くで給油。


総走行距離1922km。

5/2


で、リザルト!!



東日本をぐるっと回ってきました。笑

総走行距離 1,922km
5/1~3 3日間、ずっと走ってただけ。
宿泊は1回、後は車内泊と休憩。

燃費は


こんな感じ。

東北で高速道路を使ってしまったので、これに3,500円及び、駐車場が400円。
宿泊費が5,000円ほど。

だいたい、5万円ほども使ってしまいました。

あとは土産物と食費か。

RB26にしては燃費が良いんじゃ無いでしょうか。
カタログ値が8.2km/Lやったっけか。こんな数字はコンスタントに絶対出ない。笑

リッター10km出そうと思うと、
・止まらない
・可能ならばA/F16くらいに調整。
・時速60~80kmで走る
を、ずっとやっておれば実現できます。

てか、都市圏では不可かと。笑

また我が愛車との思い出ができました。
今回はトラブルもなく、行って帰ってきた感じ。

しかし、、次はあるのか??

今回、体調もよろしくなく、テンションもあまり上がらず。
ほとんどクルマから降りなかったしなぁ。

次は盆休みかな、、やけど・・長距離行くか謎。

2019/5/2 東日本ぐるっと。福島・宮城・岩手・秋田・新潟 #3

つづき。


古いクルマだけども、盗まれる可能性が大きいクルマ。

なので立体駐車場は助かる。





ん~適当にしか考えていなかったけど、土曜日の夕方に予定あり。
それまでに帰るんではなく、やること満載なのでその前日の夜には帰っておきたい。

体調崩して出発が遅れたのが本当に痛い。

とにかく突き進みますよ。

てことで、6号線を北上することに。

ただひたすら仙台に向かいます。
空いててスイスイ進む。



で、気づいた。

ここらへんって原発の近くか。
まぁ、危険な所は封鎖させてるだろうど安易に考えていましたが。



「帰還困難区域(事故発生警戒区域)」って看板がチラっと置いてあり。
てか、高線量区間を含むって書いてると、さすがにビビります。

適当にしか考えてなかったけど、、来るとこまで来てしまった。と感じたのが本音。
Uターンするのも、何かな~って思ってそのまま。

点滅信号がほとんどなので停止せずにそのまま走ることができます。



家の前にはフェンスが張られて入れなくなってたり。
ここらへんのほとんどの交差点は右左折できなくなってました。

道路標示には線量を表示していたり。


ドラレコ画像・・何シーベルトか覚えてない。7マイクロだったかな。

見にくいけど、ナビで見ても・・・近っ!


ここらへんのドラレコ動画がなぜか欠損してた。。

Googlemapで見ても。#分かりにくいですね。左にある道路です。
第2の方が近いか。



こっちが第2。



実は各所にある原発の近くを色々と走ったことあるんですが、ココは特別に国道から近い感じがします。
たいがいの場合、国道から離れた場所にあって近づくのが困難なイメージ。

でも、ここは国道から走れば煙突が見えた。



浸水区間って標示されている箇所が何カ所か。



テレビの報道を思い出します。

ってことで、そのまま通過し、気づいた。



ブースト計が無い。。

あ、外れてる。

両面テープが振動で死んだ模様。
クソ面倒くさい。。。

とりあえず、騙し騙し手で保持しながら実は何度か来てる仙台へ。

牛タン食べるぞ!








てか、混みすぎ。。クルマ多すぎ。
仙台恐るべし。

オレはこの車の多さのなか、駐車場に並んでまで行くガッツはありません。
仙台をぐるっとまわって、先に進むことに。

とりあえず、洗車と給油。


バリバリ・・とシャンプー洗車。



しかし、カラッとして気持ちいい。
てか、寒いくらい。


燃費も上々。



んで、このままでは当日中に岩手入りが厳しいと判断したので、苦渋の決断で高速を利用することに。


東北では桜が咲いていました。


120km試行区間があったので、


どうどうと120km/hでの走行。


#HICASランプがついているのは、たぶんパワステキャップのコードが切れてるからです。

まぁ、エルグランドのなんとかラウンジってのが煽ってきたので、法定速度+αで振り切った後、ゆっくり走ってたら追いつかれ、それ以降煽ってこなくなりました。。。
遊びすぎて燃料がむっちゃ減ってしまったのが自己制御力のなさを痛感したところ。。

で、到着したるは岩手・盛岡。

土産物的なものを買います。送迎用駐車場より駅前駐車場が安いと知ったので分かりにくい場所ながら入ってみた。



安いけど・・・満車。



気の短いオレはUターンして別の駐車場を探しました。



JR盛岡駅。
メシを食らう。

スマホで検索したら「じゃじゃ麺」ってのが有名らしく、検索結果が出た瞬間、目の前に店があったので入ってみた。







へぇ。これが。

#後にFBを見ていた某社長から電話かかってきて「駅前のビルに入っている店がおいしい」という情報をいただきました。笑

てことで、適当に土産物を買ったので、ここで折り返します。



1044km。青森まで行こうと思ったけど時間的猶予がなく、帰ります。

給油。



高速ぶっ飛ばしたから、燃費悪いかと。

ここからずっと走りますよ。



秋田・山形を抜け。



新潟に。笑





300km以上、6時間30分以上走り続けました。
てか、まぁまぁ一気に走ったな。。

コンビニでトイレ休憩。




地味な道の駅を発見し盛岡で買った駅弁を食べて寝ます。






良寛の里って道の駅。

食べ終わったと同時に寝落ちした模様。。


5/2


つづく。





























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、福島原発近くを走行した所見、独り言です。

オレ一人で何も考えずに、たまたま通っただけだったから通過しましたが、正直イヤでした。

「怖い」というのが本音。

半袖シャツを着てたけど、せめて長袖着てたら良かったとか思いました。
クルマを止めて着替えるよりも通過するほうを優先しました。

線量が表示されてる道路。
フェンスで封鎖された家。
線量の多い場所で働いている人。

奥さんがいて小さい子供を乗せてたら、このルートは絶対に通らなかったと思います。
Uターンしてでも違うルートを選んでいたでしょう。
何より奥さんが絶対に嫌がると思います。

被災に遭った方の気持ちが少し分かった気がしました。
大阪に住んでいると復興の手伝いに行った人の話を聞いたり、TVで見るくらいで、逆に遠くて良かったと思ってるところもあります。

現在、10年は経過していないといえど、それでもまだ被害は続いている。

線量が伝えています。
正直言って、この線量表示も低めに表示されているかも知れませんので、怖くなりました。

原発近くを通ってみて、隔離もされておらず、こんなに国道が近いところによく建てたなと。
もっと人が行き来するところから遠いところに建てなかったのだろうと。
結局、そんな場所が無いけど、建てないといけないから建てたって話なんだろうと想像しました。

汚染土も国道から見えるところに対象に置かれていたり。
ここは津波で浸水した地域が標示されていたり。

でも、クルマも往来してるし、一部荒れてるとは言え、見た目は普通。

勝手に通過しておいて何を言ってるんだって話ですが、原発について考えさせられる良い機会にはなりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・