2021年3月29日月曜日

CLASSIC PRO CPH7000 ヘッドフォン

 安価なヘッドフォンが欲しくなってポチりました。

MDR-900STも使ってますが、ど~でも良い感じのを。

てか、このヘッドフォン買う人ってMDR-900STも持ってる確立高いと思う。


着弾。他のものも買ってるので同梱されております。



パッケージは簡単なもの。





サウンドハウスからの手紙つき。笑



段ボールで梱包されております。



けっこうひつこくテープでとめてあります。
外すのがメンドクサイって遠回しに言っております。


品質は問題無い感じ。

装着感も悪くない。適度な剛性のイヤーパッド。

けど、マジでモニター用ヘッドフォンの魅力って聞こえなかった音が聞き取りやすくなって、衝撃を受けるよな。

聞き比べ。


さて、聴いてみましょう。


UD-301と


UR22mk2で。

TEACのUD-301とUR22mk2。

勝敗をつけるなら、UD-301の勝ち。

UR22mk2は低音が強調され、高音が薄い。

UD-301は低音が落ち着いて(といってもアタックもちゃんと感じる)、高音域が明瞭。

個人的には意外な結果。モニター系なのでUR22mk2の方が相性が良いと思ってたのに。

まぁ、UD-301の方が値段が高いですから。(^^;)

でも、ソースによっては高音がキツく感じたり。

こういう良く音が聞こえるヘッドフォンで聴いた後、普通のスピーカーで音探しをするのが楽しかったりする。

まぁ、音の善し悪しなんて人がどう感じるかなので、参考までに~。


で、このヘッドフォン、買い、か、ナシ、か。

はい、買いです。この音の質でこの価格、コスパ高いしょう。

下手なのを買うより変換もついてるし、これで良いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿